夏休みにおすすめ!家族旅行で一度は行ってみたいスポット!パート1

夏休みでまとまった休日がとれたら、普段なかなか行けない場所へ家族旅行を計画したくなるものです。しかし、家族の誰もが楽しめる観光スポットを見つけるのは、なかなか大変。そこで今回は、家族旅行で一度は行ってみたい魅力的なスポット15選をご紹介します。さまざまな観光スポットを紹介しますので、家族で楽しむ夏休みの計画にぜひ!

ファーム富田(北海道)

ラベンダーをはじめとした色とりどりな花畑を一望できる「ファーム富田」

北海道中富良野町にあり、さまざまな花を観賞できる農園「ファーム富田」。一面に広がるラベンダー畑で有名な、北海道を代表する観光スポットの一つです。十勝岳連峰を背景に、紫の絨毯のように広がるラベンダーは、一見の価値があります。ラベンダーの開花時期は品種にもよりますが、6月下旬から8月上旬まで楽しめるため、夏休み時期に最適でしょう。園内にはラベンダー以外にもポピーやマリーゴールド、ダリアなど、季節によって異なる花々を観賞できます。カフェも充実しており、ラベンダーエキスを使用したラベンダーソフトクリームや富良野のメロンを使用したメロンミルクプリンなど、ここでしか食べられないスイーツを家族みんなで楽しむことが可能です。

龍泉洞(岩手県)

長期間にわたって自然がつくり上げた日本三大鍾乳洞の一つ「龍泉洞」

「龍泉洞」は岩手県岩泉町にある日本三大鍾乳洞の一つで、国の天然記念物にも指定されている鍾乳洞です。現在、知られている範囲だけでも4,088mありますが、その全貌はまだ解き明かされておらず、今もなお調査が続けられています。鍾乳洞内には世界有数の透明度を誇る、透き通るような青い地底湖が8ヵ所見つかっており、そのうちの3つの地底湖が公開中です。龍泉洞の内部は一年を通して、10度前後に保たれているので、うだるように暑い日本の夏休みシーズンでも涼を感じられる観光スポットとなっています。外気温に比べて温度差があるため、訪れる際は羽織る物を用意しておいたほうがよいでしょう。近くには足湯や豊かな自然のなかを散策できる遊歩道、カフェなどがあり、鍾乳洞で冷えた身体を温めながら楽しめます。自然の神秘を家族みんなで体感してみてはいかがでしょうか。

大通公園(北海道)

札幌市民に親しまれる数多くのイベント開催地としても有名「大通公園」

  • 公園

「大通公園」は北海道札幌市の中心部に位置し、東西の長さが約1.5kmもある公園です。歴史は古く1871年から始まり、1909年には造園の権威であった「長岡安平」の設計によって本格的に整備されました。そんな大通公園は、「花」「フロンティア」「つどい」「オアシス」「交流」の5つのテーマでゾーン分けされており、各ゾーンのテーマに合わせた特徴の異なる施設や彫像があります。また、普段は札幌市に住む地元民の方に親しまれている公園ですが、数多くのイベント開催地としても有名です。夏には、明るい紫色が美しい「ライラックまつり」や「YOSAKOIソーラン祭り」などのイベントを開催。冬には、巨大な雪像が立ち並ぶ「さっぽろ雪まつり」や美しいホワイトイルミネーションなど、一年を通してイベントを楽しめます。

東京サマーランド(東京都)

日本最大級の流れるプールや遊園地で一日中遊べる「東京サマーランド」

「東京サマーランド」は、東京都あきる野市にある屋外・屋内プール・遊園地などの施設が複合した、一大レジャースポット。夏季限定の屋外プールの「アドベンチャーラグーン」には、日本最大級の流れるプールや様々な趣向をこらしたウォータースライダーが多数あり、何で遊ぶか迷ってしまうほど。屋内プール「アドベンチャードーム」では、巨大プールやジャグジー、機関車に乗れるアドベンチャートレインなど、こちらも盛りだくさん。雨の日でも思いっきりアトラクションを楽しめます。さらに、遊園地施設となる「スリルマウンテン」では、絶叫系アトラクションからお子様と一緒に乗れるアトラクションまで、ご家族みんなで楽しめるアトラクションがいっぱい。東京サマーランドは、プールと遊園地を一度に楽しみたい方へおすすめのスポットです。

水晶浜海水浴場(福井県)

白い砂浜と美しい青が訪れた人を魅了する「水晶浜海水浴場」

  • 自然

「水晶浜海水浴場」は、福井県美浜町にある美しい景観が魅力的な海水浴場。きめ細かい白い砂浜や遠浅で透明度が高い海水が、人気のスポットです。夏休みシーズンには多くの家族連れが訪れています。また、日が沈むころには美しい夕日が人気のサンセットビーチとしても知られています。夜には満天の星を望めるので、一日を通して美しい自然を楽しめるでしょう。夏休みに家族旅行で海水浴へ行きたいと考えるなら、「水晶浜海水浴場」を検討してみてはいかがでしょうか。

今回はここまで!次回お楽しみに!

関連記事

関連記事はまだありません。